iPhoneのガラス割れ!修理と予防方法


iPhoneのガラスが割れてしまったら?

手が滑って衝撃を与えてしまい、iPhoneの画面にヒビが入ってしまうこと、ありますよね。画面が割れていてもそのまま使い続けるという声もありますが、割れたガラスで怪我をしたり、ヒビから水が浸入してデータが破損してしまうリスクがつきまといます。

できれば早めに修理してしまいたいものですよね。

修理に出すときも、しばらくは様子を見るときも、まずは早めにバックアップを取っておきましょう。iCloudにバックアップされていれば壊れたときも安心です。

修理に出す場合、修理する場所はいくつかあります。修理の予算は15,000程度は見ておきましょう。

アップルストア、キャリアショップ、非正規修理店などの中から自分の加入しているサービスと損傷の程度によって選ぶのがおすすめです。非正規修理店にお願いする場合はその後アップルの保証が受けられなくなることは覚悟しましょう。

iPhoneのガラスが割れないようにするためには?

耐衝撃性のガラスフィルムを貼るのがおすすめです。これを貼ってあるだけで手元から落としただけで画面がバキバキに割れることは防げます。品質はピンからキリまであります。100円ショップなどにも販売されています。予算の範囲でなるべく薄くて耐衝撃性の強いものを選びましょう。できれば合わせてバンパータイプのケースをつけると横からの衝撃やカメラの損傷なども防ぐことができます。さらにバンカーリングをつけると、手元が滑って落とすこともなくなりますね。もしもガラスだけではなく自分のiPhoneをしっかり守りたい!という場合には、耐水性と耐衝撃性を合わせ持ったフルタイプのケースなども販売されています。ぜひ自分のiPhoneを守ってあげましょう!

iphoneの修理というと、一般的には「携帯ショップ」だと思いますが、実は一般のiPhone修理店も増えています。メリットデメリットを確認してご自身に合った修理方法を選ぶことが大切です。