プライバシーは自分で守る!意識を変えるだけ大きく違う!


プライバシーは意識を変えて守る

ストーカー被害などを防ぐためには、プライバシーを守ることは大事です。ただ、プライバシーを守るといっても、何から始めればいいのかわからないことが多いかもしれません。そんなときにまず変えるといいのが意識です。プライバシーを守る意識を持っていなければ、情報が知らないうちに漏れていることが少なくないからです。例えば、インターネットに個人情報を載せてしまう人は少なくないでしょう。その情報は不特定多数が見ることになり、情報を悪用する人が出てきてもおかしくありません。インターネットに個人情報を載せることは、情報を公開しているのと同じです。住所や電話番号を載せないから大丈夫ということではありません。メールアドレスなどから情報を特定される可能性があるからです。どんな情報であれ、個人に関わる情報は公開しない方がいいでしょう。

プライバシーを守るために大事なこと

プライバシーを守るには、情報を公開する先を制限することが大事です。例えば、役所に住所を書くことは仕方ないですが、街角のアンケートに名前や住所を書くことはプライバシーを守りたいならしない方がいいです。信頼できる先にしか情報を公開しなければ、そこから漏れるということがありません。街角のアンケートなどは書いた情報がどこまで広がるか想像ができません。安易に書いてしまった情報が悪用されないは限りませんので、情報を出さないことが大事になるのです。このようにプライバシーを守るためには、必要最低限の情報以外は誰にも公開しないということを心がけることが重要です。

シュレッダーは紙やDVDなどを粉々に砕く機械で手動式と電動式があります。大量の廃棄をする場合には電動式の方が有利です。