家庭用照明に最適?LEDの特徴を理解しよう!


LEDの明度と家庭で使う際の注意点

照明機器の一種であるLEDは耐用年数が長く、電力の消費量が少ないのでエコ家電として注目されています。特に維持コストを低く抑えることが出来る点が家庭用の照明に最適として広く普及していますが、従来の照明とは異なる欠点もあるので注意が必要です。

LEDは明度が高いので日中でも明るく照らすことが出来ます。従来の照明よりも光が拡散しにくいのがLEDの特徴なので、吹き抜けの天井など高所から一か所に光を集中して当てるのに向いています。その反面、広い部屋を万遍なく照らすには不向きなのでLEDを使う際には場所の選択が重要です。また、LEDは長時間照らし続けることを前提に作られているため、頻繁にスイッチを切り替えると却って耐久性が低下します。そのため、トイレや浴室など照明の切り替えが常態化している部屋での使用は避けるのが賢明です。

LED照明を購入する際の選び方

LEDは耐久性の高さから広く普及している一方、同じ名称でもメーカーによって品質は様々です。また、保管や輸送などの扱い方の違いでも品質に差が生じるので、購入の際は信頼出来るメーカーや店舗を選ぶように注意します。LEDは衝撃に弱いので、乱雑に扱われている店舗は避けます。極端に安価な製品も製造段階で不具合が生じている可能性があるので購入の際は慎重に判断することが大切です。

LEDは使用時に紫外線を放出しないので虫が集らず、屋外でも快適に使えます。しかし、屋外用のLEDは明度が強く設定されている物が多いのでそのまま屋内で使うには不向きです。家庭用の照明に使う場合は屋内用のLEDを選び、正しい方法で扱うことを心がけます。

ledパネルによる照明は、無駄な熱を発することなく消費電力も少ないですから、照明として理想的と言えます。